Entries

魚の死骸の上でスケートって・・・

やっぱりね!

北九州にあるテーマパーク「スペースワールド」ですが、
5000匹の魚を凍り漬けにしたスケートリンクをオープン!

ところが批判殺到で閉鎖・・・。
今月12日オープンでしたので、
営業は2週間足らず。

「前代未聞のアトラクション」などとPRしていたそうですが、
こりゃ〜大赤字ですね(笑)

さて、このアトラクション、批判が圧倒的に多いのですが、
肯定とまではいかないが、否定はしないという意見も散見されます。

私としては、アイデアそのものが、
「悪趣味」
「命の軽視」
「残酷」
だと思いますね。

我々にとって「魚」とは

まず、買い物に行くと、魚屋とかスーパーに食材としての「魚」が並んでいます。大切な食料ですね。買って、料理して感謝して食します。
飲食店に行くと、ショウウインドウにパラフィンで作られたメニューが並べられています。焼き魚、刺身、天ぷらとか・・・
店内のお品書きに、写真入りメニューがあるところもあります。
どれか選んで注文。
「頂きま〜す」で感謝して食します。
水族園に行くと、水槽に魚がいます。
元気よく泳いでいる魚、穴に潜っている魚、
じっとしている魚。
それぞれ個性があって見ていると楽しいし勉強になります。
なかには寿命か、病気か、ストレスで死ぬ魚もいますが、
死んだまま放置ということは、まずないですね。
係の方が、すぐ回収します。
ペットショップに行くと金魚とか熱帯魚がいます。
水族園は鑑賞ですが、
ペットショップはペットの購入が目的。
気に入った魚を購入し、
自宅の水槽で飼います。
いつまでも元気で過ごせるよう、エサ、空気、温度に気を遣います。
時々水槽の掃除もします。

魚釣り・・・
魚釣りが趣味の方がいらっしゃいますが、
釣りを楽しんだ後は、海や川に返してやるとか、
持ち帰り調理するとか・・・。
まあ、例外として、外来魚は駆除のため釣り上げることもりますが・・・。

さて、この「氷の水族館」
何がしたかったのでしょう?
「売り」は何だったのか?
訪れる人は子供から大人まで結構幅があります。
大人が見てどう思うか
子供が見てどう思うか
また、
スケートシューズで凍り漬けの魚をスケートシューズで踏みつける親を見て
子供はどう思うのか?何を学習するのか?

もし、氷漬けにされたものが「魚」ではなく
昆虫
小動物だったらどうなのか?

飛躍して「人間」だったら?

そこまで考える必要はないのかもしれませんが、
その方向に学習していく子供は何人か現れてくると思います。
大人も、氷漬けの魚を見て、何かのスイッチが入るかもしれません。

それから・・・
このプラン、誰が提案したのでしょう?
ある意味「日本人ばなれした」発想ですが、
「ちょっとそれは・・・」とか異議を唱える者はいなかったのか?
発案者にも問題があるし、
ストップをかけなかった組織にも問題があります。

北九州はもちろん、日本社会に悪い意味での衝撃を与えた罪は大きいですね。
それに、企画としては大失敗だったわけですから、損失の責任を誰が取るのか?
地に堕ちた「スペースワールド」のイメージはどうなるのか?

今回、日本社会の「悪い側面」が一気に吹き出た感じです。
妙なプランが何となく認可されていくというのは
非常に恐ろしい事・・・。
日本内外に未曾有の大被害をもたらした「あの戦争」も
もしかして、こんな流れで引き起こされたのではないか?
なんて、疑われても仕方がないですね!




NHKニュースより

・・・転載開始・・・


氷の中に約5000匹の魚 批判相次ぎスケートリンク中止
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161127/k10010786201000.html

11月27日 18時09分

北九州市のテーマパークは、およそ5000匹の魚を氷の中に埋め込んで作ったスケートリンクについて「命を粗末にしている」などと批判の声が相次いだことを受けて、27日から営業を中止しました。
営業を中止したのは、北九州市のテーマパーク「スペースワールド」が今月12日にオープンしたスケートリンクです。

「氷の水族館」と名付けられ、1周250メートルのスケートリンクの氷の中にサンマやイトヨリなど25種類の魚およそ5000匹を埋め込み、「前代未聞のアトラクション」などとPRしていました。

これに対し、26日から「命を粗末にしている」とか、「魚がかわいそう」、それに、「悪趣味だ」などとする批判が公式フェイスブックなどに相次ぎ、検討した結果27日から営業を中止しました。

担当者によりますと、魚は死んだ状態で仕入れていたということで、今後、およそ1か月間スケートリンクを閉鎖し、氷を溶かして取り出したあと、供養して肥料などに再利用することも検討するとしています。

スペースワールドの竹田敏美総支配人は「いろいろな魚を勉強する機会にしてほしいと企画した。寄せられた意見を重く受け止めたい」と話していました。

テーマパークに来ていた30代の女性は「魚は、もともとは生きていたので、その上で子どもたちを遊ばせるのはどうかなと思います」と話していました。
また、40代の男性は「生きたまま入れられたわけではないので、それほど騒ぐ話でもないのではと感じています」と話していました。
ネットで批判の声相次ぐ
スペースワールドの公式フェイスブックには、26日から企画への批判的な声が数多く寄せられていました。

「悪趣味過ぎます」とか、「命の軽視と冒とくでしかないです」などという厳しい批判のほか、「子どもたちにどんな思い出を残したいのですか?」、「子どもも『お魚さんがかわいそう』と悲しんでいました」などと、訪れた子どもへの影響を心配する声もありました。

また、「楽しかった思い出の場所なのに」とか、「この企画のせいでスペースワールドのイメージが悪くなってしまうのが怖いです」などと、多くの人が訪れる地元のテーマパークのイメージダウンを懸念する声も寄せられていました。


・・・転載終了・・・





スポンサーサイト

Comment

というか 

スケートリンクに氷を張るのって一見すると簡単そうに見えますが、維持管理がものすごく難しく面倒なんです。
削れて真っ白になった表面をお湯で溶かして平面にし、更に気泡が出来ぬ様一度沸騰させた水を撒いて表面を鏡のようにし凍結させます。
この作業を毎日繰り返して、綺麗なリンクが提供できるんです。

このスケートリンクって、漁港の隅のような生臭さフルパワーだったのでは・・・・・
生ごみを氷に埋めるという事自体、発想の異常性と衛生観念の欠落を証明しています
  • posted by hanehan 
  • URL 
  • 2016.11/29 10:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム