Entries

韓国は、北の脅威に備え「軍事政権」にシフトするかも

弾劾案可決と言うことで、クネクネは大統領職務を停止されました。
これからは「裁判」に向けての最短6ヶ月間の準備が行われるわけですが、
まあ、
首相が大統領代行といっても
代行は代行であって
所詮、代行に過ぎません。
現職大統領のように采配を振るうことは出来ませんね!
現状の行政、経済政策などを、当たり障り無く動かすのみです。

当然、大統領の外遊もなく、韓国大統領の関わる全ての国際会議がキャンセルされています。
韓国外務省も動きが取れませんね。
その間7ヶ月・・・。

7ヶ月もの間、大統領不在で外務省も機能不全・・・
プッ(笑)

何やら、韓国での大統領退陣デモを褒め称えている奴がいるそうですが、
その結果、韓国は7ヶ月間もの間、政府が正常に機能しなくなります。

韓国野党や国民は、そのことまで考えて大統領を追い詰めたのか?
韓進海運の件や、サムスンの発火スマホ、現代自動車の販売落ち込み、
中国からの経済・文化面での制裁・・・
今しっかり「韓国号」の舵を取って、政治経済面での危機を回避すべきなのに、
大統領不在&外交休止・・・

バカです。

そんな韓国をあざ笑うかのように、北朝鮮が韓国大統領府襲撃の想定で軍事訓練実施!

絶妙のタイミングです。

金正恩はなかなかの切れ者ですね!

もし、北朝鮮が何らかの挑発行為を行ったら、
誰が、韓国軍に軍令を出すのでしょうか?
軍最高司令官か?

砲弾数発を撃ち込んでくるぐらいなら、
報復砲撃をすればいいでしょうが、
北朝鮮の陸上部隊とか、
支援部隊などが本格的な動きを見せれば、

これは、
たとえ軍最高司令官であったとしても、
韓国全軍にあらゆる指令を出すのは、
ちょっと躊躇われるかもです。

そもそも、何の備えも無しに、北朝鮮軍に対峙できるはずありません。
予め北朝鮮軍の南進のパターンを何通りもシミュレートしておく必要があります。
それ相応の準備態勢がないと、組織的な応戦は不可能でしょう。

つまり国家のトップが不在だと、
盤石な国防体制を敷けないと言うことです。

韓国はこれから7ヶ月間にわたる「政治の空白期間」に入りますが、
それは同時に、北朝鮮からの脅威にさら晒される7ヶ月間でもあります。

一般大衆は「アホ」なので、
金正恩の「ビッグマウス」はいつもの「ホラ」だと思うでしょうが、
さて、韓国軍部はどう考えるでしょう。

ん〜
やはり「軍事クーデター」か・・・?

タイがよくやるように
暫定的に「軍政」を敷き、国家の立て直しを図るか・・・
もしかしたら、そのまま軍事政権樹立になるかも!

さて、北朝鮮は「核」を持っていますので、
韓国軍は圧倒的に不利です。
韓国は「核」の脅しに屈するのか?

うわっ!
これ、もしかして第二次朝鮮戦争の前兆?

そういえば最近、日本国内では韓国籍の連中の犯罪とかが連発。
今日は、プーチン来日で、日露首脳会談。
12月末に、安倍さんはハワイの真珠湾で日米首脳会談。
トランプ氏は、「1つの中国」に関し物申す姿勢・・・
中国軍機と自衛隊機を巡る「妨害弾」関連事象。
1月にトランプ大統領登場!

一見、無関係に見えるこれらの事象・・・
さてどうなることやら。

2017年1月20日以降に注目してみたいと思います。



NHKニュースより



・・・転載開始・・・


北朝鮮 韓国大統領府襲撃の想定で訓練
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161211/k10010803031000.html


12月11日 16時13分

北朝鮮の国営メディアは、軍の特殊部隊が韓国大統領府を襲撃するという想定の訓練を、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、行ったと伝え、国政の混乱が続く韓国に揺さぶりをかける狙いがあると見られます。

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは、軍の特殊部隊の実戦能力を判定するための訓練にキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が立ち会ったと、11日、写真とともに放送しました。

訓練は韓国大統領府を襲撃するという想定で行われ、写真には、上空から降下した兵士たちが大統領府に見立てた建物に突入したり、周囲に向けて発砲したりする様子が写されています。さらに、高台からロケット弾が次々と撃ち込まれ、建物から炎や煙が上がっていることもわかります。
放送は、訓練によって韓国大統領府を「火の海にする闘志を誇示した」と伝えていてキム委員長は満足したということです。

訓練の日時や場所は明らかにされていませんが、アメリカ軍と韓国軍による定例の合同軍事演習で北朝鮮要人への攻撃訓練が行われていると韓国メディアが伝えていることから、対抗姿勢を示したと見られます。
また、パク・クネ(朴槿恵)大統領の弾劾を求める議案が国会で可決され、国政の混乱が続く韓国に揺さぶりをかける狙いもあると見られます。
韓国軍が声明「挑発強行すれば報復行う」
韓国軍の合同参謀本部は声明を発表し、「挑発的な言動を通じて、軍事的な緊張を高めている」と批判しました。そのうえで、「もし誤った判断をして挑発を強行すれば、北の指導部にとって致命的な打撃となる強力な報復を行う」として、北朝鮮をけん制しました。



・・・転載終了・・・





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム