Entries

中国は傲慢に見えますが、実は臆病

2~3年ぐらい前、台湾軍がアメリカ軍に置き換わりつつあるという情報を目にしたことがあります。軍用車両や戦闘機から台湾軍の国籍マークが消されて行っていると・・・。
今回転載した記事では、
ジョン・ボルトン元米国連大使が「在沖縄米軍を台湾に移転を」
と、提言しているとのことですが、
このニュースは、2〜3年前台湾で起こった変化を裏付けるものなのかもしれません。
つまり、台湾へは、かなりの規模の米軍が展開しているのではないか?
そして、消された国籍マークの軍車両や戦闘機の国籍マークが米軍仕様に・・・。

中国は、中華人民共和国と中華民国(台湾)を合わせて「1つの中国」と主張しています。
なぜ、そのようような主張が通るのか、根拠が知りたいところですが、

戦後、国際連合が発足した際、
常任理事国の座に座ったのは「中華民国(台湾)」です。 
終戦時の中国とは蒋介石率いる国民党でしたので・・・。

それが、戦勝国側の都合で、数年後には常任理事国が中華人民共和国と入れ替わりました。

内戦の結果、国民党軍は敗走し、日本が統治していた台湾に逃げ込んだのですが、
ある意味、中国はまだ内戦状態。
またある意味、中国は一つではなく「二つ」ということになります。
でも、厳密に言えば、日本が無条件降伏し、台湾を召し上げたのはアメリカだったのではないかな?

で、アメリカが暫定統治しているところに国民党軍が入り込んできた・・・。
その後うやむや・・・。
ここでアメリカが動いて過去の歴史を掘り返し出したら面白いことになるかもしれませんね!
最終、台湾は、沖縄みたいに日本に復帰したりして(笑)
多分、中国はそのことを知っているのでしょう。
同時に、国際社会にそのことが明らかになることを恐れている。

中国の嘘が暴かれる・・・。
中国なんて、「嘘」で塗り固めた国家ですから、
一つの嘘がばれると、次々と「嘘」が暴かれていき、
結局、真実なんて何一つ無しということになります。

昨日今日のニュースでは、南京大虐殺は大嘘!という内容の本がアパホテルに設置されているということで、中国が猛反発していますね(笑)
その本は、歴史書でもなければ教科書でもありません。
日本には、南京大虐殺を疑ったり否定したりする内容の本はいくらでもあります。何を書こうが、何を出版しようが、「表現の自由」。
まあ、今回中国が難癖を付けてきたには、中国人韓国客も宿泊するであろう「アパホテル」に書籍があるということで、中国人の目に触れることを畏れたのでしょう。
そもそも、日本語の書籍を読める中国人観光客って?多くいるのか?(笑)
何か、自分1人で狼狽して、自爆しているみたいで「バカそのもの」です。
中国からアパホテルのネット予約ができなくなったということですから、
よほど読まれたくない内容が記載されているのでしょう。
我々は、南京市民を虐殺したのは国民党軍兵士だと知っていますが、
中国は、戦後、罪を日本軍になすり付けたわけです。

嘘がばれそうで右往左往する。
中国って、意外と肝っ玉小さいな(笑)

さて、仮に、台湾にアメリカ軍が展開しているとすれば、
多分、中国内戦を想定したミッションである可能性がありますね。
中国が分裂し内戦に移行した際、
香港、上海あたりをガードするとか、密約が出来ているのではないかな?

ということは、中国もカウントダウンに入ったということなのかもしれません。




産経ニュースより

・・・転載開始・・・


「在沖縄米軍の台湾移転を」 ジョン・ボルトン元米国連大使が提言
http://www.sankei.com/world/news/170118/wor1701180019-n1.html


2017.1.18 09:53

 ジョン・ボルトン元米国連大使は17日付のウォールストリート・ジャーナル紙に寄稿し「米軍の台湾駐留によって東アジアの軍事力を強化できる」と述べ、在沖縄米軍の台湾への一部移転を提案した。ボルトン氏は強硬派として知られ、トランプ次期政権での国務副長官起用が取りざたされている。

 ボルトン氏は「台湾は地政学的に東アジアの国に近く、沖縄やグアムよりも南シナ海に近い」と指摘。海洋進出を強める中国への牽制に加え、沖縄米軍の一部を台湾に移すことで「日米摩擦を起こしている基地問題を巡る緊張を和らげる可能性がある」と述べた。

 「海洋の自由を守り、一方的な領土併合を防ぐことは米国の核心的利益だ」と強調。台湾との軍事協力の深化は「重要なステップだ」とした。トランプ次期大統領は、中国と台湾は不可分とする「一つの中国」原則を見直す可能性を示唆しており、中国が反発している。(共同)




・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

さて 

台湾の東側に敷設すれば、地域振興にとっても良い話でしょう。 台湾の場合、大陸側に開発が集中し、東側は経済困難地域が林立しています。

沖縄の負担軽減で安倍内閣が同意すれば、日本のサヨクとマスゴミは海兵隊の台湾移転に『反対』するでしょうねww
  • posted by hanehan 
  • URL 
  • 2017.01/20 08:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: さて 

hanehan様、コメント有り難うございます。最近メディアなどで台湾総統「蔡 英文」の露出度が高くなっています。トランプ就任式の時もニュースに上がっていました。やはり「何か」が進行しつつあるのだと思います。
  • posted by 管理者 
  • URL 
  • 2017.01/22 06:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム