Entries

トランプ大統領と安倍首相の明日はどっちだ!

CIA

天皇皇后両陛下がベトナムを訪問されました。
各紙のニュースによれば、ベトナム政府、国民とも大歓迎だったそうで、
これは、日越両国にとって明るいニュースでしたね。

ことろでベトナムとはフランスの旧植民地。
フランス政府は第二次世界大戦でドイツに降伏した後、
日本の仏印進駐を認め、日本軍はフランスの軍用飛行場などを接収・・・。
進駐初期の頃はフランスによる行政権を認めていたようですが
その後全領域を掌握し軍政を敷いたという流れだったんじゃないかな?

フランスはベトナムという植民地を失ったわけですが、
日本が対米戦争に敗れ、軍をベトナムから撤収する中、フランスは再びベトナムを植民地にすべく軍を動かしました。
大半の日本軍は祖国に帰りましたが、数百名の将兵は対フランス独立戦争のため残留。ベトナム軍の指揮官はほとんど旧日本軍将兵だったそうですね。
インドシナ戦争か・・・。
ホーチミン対フランス。
これが後にベトナムが南北に分断される基点となる・・・。
フランスの後、南ベトナムを支援したのがアメリカです。
ということで
1964年からベトナム戦争。
終わったのは1975年。
12年間か・・・。

で、このベトナム戦争でも旧日本軍兵士が米軍相手に戦ったと言うのですから仰天です。
天皇皇后両陛下は旧日本軍将兵の妻と面会しました。
これ、凄いことですね。
アメリカを打ち負かした旧日本軍将兵の「妻」にねぎらいの声をかけられた。

そうか・・・
私は、大東亜戦争は、日本の敗北で1945年に終結したと思っていましたが、
広い意味での大東亜戦争(東南アジアと欧米との戦争)が終わったのは
1975年だったのか・・・。
欧米の敗北で大東亜戦争は終結した。

ベトナムの後、
天皇皇后両陛下はタイを訪問されます。

ん〜
天皇皇后両陛下の太平洋・東南アジア諸国を訪問されるお姿を
我々はどう捉えたらいいのでしょうか?

フィリピン、パラオ、ベトナム、タイ・・・

天皇家は「平和主義」です。
先の大戦も最後まで戦争回避の努力を時の政府に指示していました。

さて、天皇皇后両陛下の各国ご訪問にあたってのご真意は?

産経はもちろん、朝日も毎日も、天皇皇后両陛下のベトナム訪問について
とくにコメントは述べていませんし、共産党も静かです。
平和を求めるという姿勢については天皇皇后両陛下と左翼は同じか・・・。
ただし
根源的な部分については相違があるかもしれません。

天皇皇后両陛下のこうした東南アジア歴訪には、「平和への祈り」が込められていますが、
天皇陛下は日本国の象徴的存在ですので、各国歴訪は国際情勢に何らかの影響を与えるでしょうし、日本政府も天皇皇后両陛下の意を察して施策を講ずる必要がありそうで、そういう意味では、非常に「政治的」側面が強いです。

さて国政・・・
現状、国会では森友を巡って、与野党が激しい攻防戦を展開していますが、
森友に限らず、歴代政権で、国有地を「ただ同然の値段」で払い下げたケースはいくらでもあるようで、そのうち何件かは、先の民主党政権や村山さんの時にもあったかもしれません。
いわゆる「ブーメラン」というやつですが、
森友の件では、これ以上安倍さんを追い込むことは難しいかもしれません。
森友の理事長が「ただのアホのおっさん」で幕引きになるかも(笑)
それにしても、訪米&トランプ大統領との親密さをアピールした直後に
「森友」というのは、タイミング的には「予め埋設しておいた地雷」みたいな感じもします。
地雷を踏んで安倍さんが吹き飛ばされるのか?
地雷が不発で更に安倍さんは長期政権を目指すのか・・・。

アメリカですが、
聞こえてくるニュースはトランプ大統領に対する「非難の声」ばかりですね。
ヨーロッパや韓国、中国のニュースでは、トランプ大統領と親しげに歓談し、ゴルフをする安倍さんの姿は、半ば冷ややかな視線で描かれています。
どうなんでしょう?
当初日本政府は、アメリカ大統領選で勝利するのはヒラリーだと読んでいたそうですが・・・。
なら、通常、トランプ大統領との会談は慎重に行うべきところですが、安倍さんの動きは非常に速かったですね。
メディアは、「読みが違った」ので、早期の接触を試みたと書きましたが、
安倍さんは、トランプになることを、ずっと前から分かっていたのではないかな?

アメリカには依然として強力なアンチ・トランプ勢力が存在するのでしょう。
そして、日本にも強力なアンチ・アベ勢力が存在しているのかもしれません。
それは野党というよりは、与党の各派閥を含め、与野党全体に後方から命令を下している存在で、
もしかしたら、アメリカのアンチ・トランプ勢力と同じなのかもしれません。

つまり「トランプおろし」と「安倍おろし」は連動していると・・・。
トランプ大統領と安倍首相は、その勢力にとって「よっぽど都合が悪い」存在なのでしょうか?

何か面白くなってきたな・・・。

ところで、天皇家というか皇室はどちらに転んでもOKみたいな体制をとっている感じに見えます・・・。

天皇陛下・・・
あと訪問していないのは「韓国」と「北朝鮮」か・・・
これ、なんか深い事情があるのかな?






NHKニュースより


・・・転載開始・・・


天皇皇后両陛下 ベトナム最後の王朝の王宮 視察
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170304/k10010898671000.html


3月4日 15時31分

ベトナムを訪問している天皇皇后両陛下は、ベトナム最後の王朝の都があった中部の都市フエで当時の王宮などを視察されました。
国際親善のためベトナムを訪問している両陛下は首都ハノイでの国賓としての公式行事を終え、3日から中部の都市フエに滞在されています。
フエは19世紀初めから140年余り続いたベトナム最後の王朝、グエン朝の都があった都市で、中国の紫禁城をモデルにした王宮はユネスコの世界文化遺産に登録されています。

両陛下は色鮮やかな民族衣装を着た女性たちの歓迎を受けて王宮の奥へと進み、王朝の歴史や日本の支援によって王宮の修復が行われていることなどについて説明を受けられました。
天皇陛下は修復に携わる日本の専門家に「これからはどんなことをするんですか」などと質問されたということです。

また、かつて劇場として使われた建物では中国の宮廷音楽の影響を受けた「ニャーニャック」と呼ばれるベトナムの雅楽や創作舞踊が披露され、両陛下はじっくりと鑑賞されていました。

両陛下は5日、6日間の日程を終えてベトナムを出発し、去年、プミポン前国王が亡くなったタイに弔問のため立ち寄られます。両陛下とプミポン前国王は長年にわたる親交があり、両陛下は首都バンコクの王宮で前国王のひつぎに花を供えるなどしたあと、ワチラロンコン新国王と会見して弔意を伝えられることになっています。


・・・転載終了・・・





スポンサーサイト

Comment

マスゴミがスルーする『都合の良い政治発言』 

皇室外交云々が取り沙汰されますが、人事交流から流れをスムーズにさせる迄は職域内にあると思います。
しかし、それを踏み越えた『政治の実務』にまで天皇陛下が口にされるのは如何なものなのでしょうか?
ヨーロッパでも問題が噴出している移民問題。 簡単に『ウェルカム~』と自ら発言するって・・・・
難民と移民の区別もつかず、一緒くたにした発言なのでしょうか? 

  • posted by hanehan 
  • URL 
  • 2017.03/06 08:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム