Entries

中国さん、北朝鮮にお仕置き出来ますか?

中国崩壊


北朝鮮がミサイルを発射したとかで、東京のメトロが運行停止したり、
どこかではミサイル警戒の「普段では聞かれない不穏な音の警報」が鳴ったり・・・。

アメリカの空母が朝鮮半島に迫っているとか・・・。

あるいは、北朝鮮がラジオで暗号を放送したとか・・・。

日本全国「危険な北朝鮮」で染まっています。


まあ、実際、北朝鮮は日本列島を軽く越えて長距離を飛行する弾道ミサイルを持っているので、日本に落とすことは簡単なのでしょう。
北朝鮮は韓国と休戦状態。
もし朝鮮戦争でアメリカ軍による巻き返しが無ければ、朝鮮半島は金日成によって平定され、「朝鮮民主主義人民共和国」になっていたはず。
それを考えれば、北朝鮮の、アメリカに対する恨みは相当強いでしょう。
また、アメリカの飼い犬である「日本」に対しても、同様の感情を抱いているでしょうね。

緊張が一気に高まったのは、ここ1ヶ月ほど・・・。
戦争って、
当たり前ですが、準備が必要です。
外交で解決の糸口を模索する一方、
もしもの場合に備えて、戦費を確保。
武器、弾薬、訓練。
作戦のシミュレーション。

70数年前日本海軍は真珠湾を奇襲しましたが、
いきなり奇襲したわけではありません。
上記のような準備を経て実行しています。
真珠湾は浅瀬のため、通常の魚雷では海底に突き刺さってしまう。
魚雷にフロートを付けるなどの改良を進める一方、桜島付近を真珠湾に見立てて、厳しい訓練が行われました。

話変わりますが、今時の若者って、「真珠湾」がどこにあるか知らないそうで(笑)
伊勢志摩にあるんですか?って、真顔で答える奴もいるらしい。

もともと北朝鮮には、アメリカと互角にやりあう戦力はありません。
まあ、ロシアとかが兵器を提供すれば、ある程度アメリカ軍に打撃を与えることは出来るでしょうが、
我々が知る北朝鮮の旧式兵器では、勝てる見込みは0%です。

刈り上げ君はバカではないので、そんな戦争に国家の命運を賭けるとか、自らの立場を危うくするようなことはしないでしょう。

なら、
北朝鮮!北朝鮮!
ミサイル!ミサイル!
核兵器!核兵器!
戦争!戦争!
第三次世界大戦!第三次世界大戦!
って、いろんなところで騒いでいるのはなぜなのか?

まあ、世の中、現象面にとらわれず真相を見極めよ!と
よく言われますが、
これに今回の北朝鮮騒ぎを当てはめると、
現象面=北朝鮮騒ぎ
真相=?
ということになりますね。

これを考える上で、
ポイントは米中のやりとりなのかもしれません。
アメリカは、強力な艦隊を日本海に差し向けましたが、
同時に、「北朝鮮へ強力な圧力を加えるよう」中国に何度も催促しています。
加えて、韓国にTHAAD配備完了。

例の、朴 槿恵が参加した北京の軍事パレード・・・
習近平は、全軍に対して何と!「左手」で敬礼をしていました。
敬礼は、必ず「右手」です。

軍隊の扱いに慣れていないのか?
軍隊に敬意を表していないのか?
軍隊を軽視しているのか?

少なくとも習近平は軍隊に全幅の信頼を寄せているようには見えません。
背景には、各軍閥に対する不信感とか猜疑心があるのでしょう。
嘗て各軍閥(軍区)は独自に収入を得られるような体勢になっていましたが、
それが軍閥を増長させる原因と見た習近平は、各軍閥の持つ工場や公司などを没収。収入源を断ちました。現在は中央政府の予算で各軍区の軍事費を賄っているのでは?
それから、軍区の改変もありました。
再編成の結果、陸軍をはじめ数十万の軍人、軍属が解雇されたと聞いています。

軍隊とは、いわば「暴力装置」ですから、いつ何時その矛先が自分に向けられるかわからないという「リスク」もあります。
習近平はそれを恐れています。

つまり、各軍区は表面上中央政府に恭順の意を示してはいるものの、
同時に、大きな不満を抱えている。

まあ、人民解放軍っていうのは、国軍ではありません。
中国共産党の「私兵」です。
国際法規上、国家の正規軍ではありません。

第二次世界大戦時、ドイツには正規軍の他にナチスSSが存在しました。
配色濃くなったドイツで、多くのドイツ軍人が捕らえられましたが、
捕虜として国際ルールに則った待遇を受けたのはドイツ正規軍の軍人で、
ナチスの私兵であったSSは即射殺か裁判無しの死刑、虐待、見殺しだったとか・・・。

まあ、そういうことで、国産空母が完成したとか、戦闘機を独自開発したとか、
潜水艦がどうのこうのとか、威勢のいいこと言っていますが、いざ有事となれば、中国共産党の私兵である人民解放軍は、果たして使いものになるのか?
それを一番よく知っているのが習近平。

よく考えると、中国って近代以降「国軍」って存在していないのでは(笑)
日本が大陸で戦っていた相手は「国民党軍」・・・。
中国の国軍ではありません。

で、話を戻しますが、北朝鮮を抑え込むようアメリカから指図された習近平は、現状、従うしかないわけです。以前は形式上の制裁を科し、その後うやむやになって終わりでしたが、その結果、北朝鮮は核弾頭と弾道ミサイルの開発に成功したわけで、今回、ビジネスマン上がりのトランプ大統領にその手が通用するか?
多分しないでしょう。
ということで、
トランプ大統領が納得する形で事態の収拾を図らなければならない。

これは中国にとって非常に厳しい。
北朝鮮に圧力を加えよ!と軍に命令を下し、
果たして軍は動くのか?
特に瀋陽軍区・・・。

何だか、中国の動きが気になるな!








日本経済新聞より


・・・転載開始・・・


北朝鮮ミサイル、移動式か 奇襲能力を誇示
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC29H22_Z20C17A4EA3000/


2017/4/29 23:45


 【ソウル=山田健一】北朝鮮による29日の弾道ミサイル発射は、4月に入って3回目となる。いずれも発射後に爆発するなど失敗したが、単純な失敗の可能性がある一方、ミサイルの性能試験のため意図的に爆発させたとの見方がある。

 北朝鮮は昨年だけで二十数発のミサイルを発射しているが、今回の西部・平安南道の北倉(プクチャン)付近からの発射は初めてとなる。

 北朝鮮としては過去に例のない場所から発射することで、移動式ミサイルである可能性を示し、奇襲能力を誇示する狙いがあるとみられる。武力行使の可能性を排除しない米国に対し、攻撃を受ければミサイルで報復する意思や能力を示した。

 ロイター通信は米政府関係者の話として、今回のミサイルが「中距離弾道ミサイルのKN17型とみられる」と報じた。韓国の軍事専門家は日本経済新聞の取材に、KN17型について「空母を標的にする中国の地対艦ミサイルをモデルとし、北朝鮮が開発中の新型の可能性がある」と説明した。

 韓国軍関係者は「北朝鮮の挑発行為をいま一度警戒する」と表明したが、ミサイルの種類や狙いには言及しなかった。

 ミサイル発射の失敗を疑う向きもある。韓国のテレビ局YTNは29日、「ミサイルの弾頭の爆発実験のため、意図的に爆発させたようだ」とする政府関係者の話を報じた。核弾頭を搭載するミサイルの性能を試した可能性があるという。別の韓国メディアは29日の発射場所が今月5、16日と異なり内陸だったとして「新型ミサイルの信頼性が向上し、完成に近づいている自信の表れ」とする専門家の分析を伝えた。

 29日付の朝鮮労働党の機関紙・労働新聞(電子版)は「核弾頭を搭載した我々のミサイルの最終目標は米国だ」と報じ、米国が原子力空母を朝鮮半島近海に派遣したことに強く反発した。ラヂオプレスが伝えた。原子力空母を中心に韓国軍と共同軍事訓練に乗り出す米軍の動向に神経をとがらせているもようだ。

 ミサイルの相次ぐ爆発は、米軍が電波妨害などの手段で北朝鮮の発射試験を妨害した成果だとの観測も一部にある。


・・・転載終了・・・





スポンサーサイト

Comment

揚げ足取りのようですが、 

いつも、拝見させていただいております。
ブログ主様の見識には深く敬意を表します。

南北朝鮮は、法的には休戦中ではありません。韓国は休戦協定には署名していませんので、単なる停戦中に過ぎません。
今すぐ、戦争再開しても何ら問題はありません。
国連軍は休戦協定に署名していますので、法理上、米軍を含む国連軍は戦争再開は休戦協定違反になります。
なお、国連軍の本部は休戦協定を守り、韓国から撤退し、米軍の横田基地にあります。
  • posted by ポテ珍3号 
  • URL 
  • 2017.05/02 18:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム