Entries

日本会議ね!

日本滅亡

最近、安倍内閣や安倍さん個人に対する逆風がもの凄いですね!

森友
加計
山口某のレイプ騒動
稲田防衛相など閣僚の失言
原発再稼働に対する反発
都議選惨敗
文科省の反逆
南スーダンPKO日報
アベノミクス不発
安倍内閣支持率低下
などなど

アメリカのメディアも、安倍さん「疑問視」的な記事を載せるようになりました。

なんというか・・・
日本全体
アメリカも
「安倍降ろし」に染まりつつあるというか・・・

トランプさんとは良好な関係を維持していると思うのですが、
そういえばアメリカでは
「トランプ降ろし」か・・・

何なんでしょう?
ん〜
無い知恵を絞って考えるに、
安倍さんのスローガンは「日本を取り戻す」でしたね。
憲法改正がその根底にあるのでしょうが、
まずは9条改正です。

それには国民投票が必要ですが、
国民投票と消費税増税とは密接な関係があると・・・
改憲を問い、軌道に乗せるには、その政権の支持率が高くないと話になりません。
今のところ、財務省は、消費税10%への増税待った無しと安倍さんを背後から突いていますが、消費税を上げると支持率がガクンと下がるので、9条改正成るまでは、消費税増税については塩漬けにしておくのでしょう。

どうも、今回の「安倍降ろし」現象は、9条改正阻止と関係があるのかもしれません。
9条を改正し、自衛隊存在の矛盾を解消するということですが、
まあ簡単に考えれば、
国土防衛に際し、最小限度の防衛力を持った集団(自衛隊)を
本格的な防衛戦力を擁した「防衛軍」と位置付ける狙いがあると思いますが、
そうなれば
普通に考えても
国防予算は増加すると思います。
戦前戦中のように国家予算の半分までには行かなくとも、
5%〜10%とかになれば、
金額的には、中国並みかそれ以上。
アメリカに次ぎ2番目になるかもしれませんね!

これを中国は喜ばないでしょうね。
中国は強力な軍事力を備えた日本の復活を望んでいません。
アメリカはどうでしょう?
というか、それは前の大戦の経緯を振り返ると、
答は自ずとわかります。
ずばり、「望んでいない」

日米安保って、アメリカが日本防衛の一端を担うという「有り難い面」がある一方、日本を縛って強大な戦力を持たせない狙いもあります。
沖縄を始め日本全国に展開する米軍基地・・・。

あれでアメリカは結構潤っています。
また、戦闘機や先進兵器の開発を制限することによって、アメリカ製の武器を日本に高く売りつけることも出来る。

まあ、アメリカは1年365日常に日本から富を搾り取っているわけで、
日本がなければアメリカなんてとっくの昔に没落していると思います。

そういうことで、9条改正はアメリカにとっても「有り難くない」ことで・・・。
改正内容に関し、アメリカ側としっかり調整しておかないと、
アメリカの「握手をする手」は「日本を殴りつける拳」に瞬時に変わります。
日本が9条改正に向け独走すると、アメリカは「日米安保を破棄する」なんて脅しにかかるかもしれません。
「日本も核武装すべき!」なんて言えば、
即、中国から大量の核ミサイルが飛んでくるかもしれません。

日本人って・・・
日本人と言ってもピンからキリまでいますが、
わずか10数年で西欧並みの近代化を果たし、大国清を撃破。
ロシアにも勝ちました。
前の戦争では
アメリカにコテンパンにやられて、焦土となりましたが、
瞬く間に復興、
軍事関連以外では、世界トップレベルの技術を有し
ハイブリッドカーなど省エネ技術も、もの凄いですね!
あまりに出来過ぎているので、欧米はハイブリッドカーをエコカーの基準から外すそうで・・・。
一応日本民族は「もの凄い底力を持っている」民族であると言っておきます。
世界を見渡しても、こんな民族はいませんね!

そんなこともあり
日本という国、日本人という民族は
中国にとっても
アメリカにとっても
厄介で目障りな存在なのでしょう。

最近ネットなどで日本が持ち上げられていますが、
本音の部分では、
基本、日本は警戒されているということを忘れてはいけません。

そういう視点で見ると、
今回の安倍降ろしは、
メディアとか野党とか与党の造反組とかが
独自に展開しているのではなく、
それらの組織に指示を出している「黒幕」がいると考えるべきでしょう。

その「黒幕」とは皆さんがネットでよく目にする連中なんでしょうが、
少なくとも、現状の安倍批判が続けば、安倍さんは退陣に追い込まれるでしょう。
まあ、唯一現状を打破できる妙案があるとすれば、アメリカ(トランプ大統領)のアジア戦略を読み切り、その意に沿った国政や外交を展開すること。
特に、ここ10年ほどでアメリカの脅威となった中国に対してアメリカは如何なる戦略を立てているのか?そのあたりを見切らないと、安倍さんは潰されると思います。

アメリカの対中戦略とは?
中国と戦わず勝利するには?
アメリカはいろんな策謀を張り巡らせていると思いますが、
具体的には中国内を分断する作戦なのでしょう。ついでに
アジア大陸に目障りな国家を1つ作り上げ、中国を牽制する役目を負わせる。
たぶん朝鮮半島にある国家がなぜだか強力な国家になる。
今は、ロシア、イギリス、EU、アメリカなどは、ちぐはぐな印象ですが、アジア政策についてはしっかり連携していると思います。
連中の得意な手法ですね!
喧嘩しているようで実は水面下でしっかり握手している。

「アジア構想では日本が主導的役割を演じたい!」とか言ったら
日本即死になりますので、くれぐれも言わないようにして欲しいものです。
いまは、アメリカの子分で情けないでしょうが、
国家さえ存続しておれば、数百年先に復権できることもあるので
いまは、ひたすら臥薪嘗胆です。




日経より

・・・転載開始・・・



稲田防衛相「逃げていません」 日報問題で釈明
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO19093180R20C17A7CC0000/

2017/7/21 14:09


 「私は逃げていません」「事実関係をしっかり解明する」。南スーダン国連平和維持活動(PKO)での陸上自衛隊の日報を巡る問題で21日、閣議後の記者会見に臨んだ稲田朋美防衛相は厳しい表情を崩さず、日報データ残存の報告を受けていたとの疑惑を否定し続けた。

 白いジャケットに黒のスカート姿の稲田氏。硬い表情のまま、会見場に一礼して始まった会見では、手元のメモに目を落としながら、「一貫して公表すべきだとの姿勢だった」と繰り返し、非公表や隠蔽の指示は「私の姿勢とは真逆で相いれない」と強調。

 相次ぐ記者の質問に時折、困ったように口をすぼめ、疲れ切った表情で小さくため息をつく場面もあった。自身が監察対象に含まれていない点については「制度上は含んでいないが、できるだけ早く協力する」とした。

 「省幹部が嘘をついているのか」と厳しく追及されると「嘘をついたとは言っていない」と切り返した。進退については「なすべきことをやっていきたい」と辞任を否定。足早に会見室を後にした。ある陸上自衛隊幹部は「防衛相の関与まで報道された以上、監察の結果が出るだけでは騒動は収まらないだろう」と漏らした。




・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

不思議に思うんですが 

マスゴミやサヨクは、守秘義務をどう考えているのでしょうか? ミンスが政権当時、『シュヒギム』を錦の御旗にして、自民党からの『ミンスの瑕疵』に対する質疑を徹底的に「審議拒否・門前払い」した事は、都合よく忘れているのでしょうか?
今回の防衛大臣云々ではありませんが、田中真紀子のように軍事機密をベラベラ口外する輩が防衛大臣に相応しいとでもいうのでしょうw
左翼陣営の目的とすれば、アメリカ軍の作戦が自衛隊を通じて敵軍にダダ漏れになるという不信感をアメリカに刷り込み、日米同盟廃棄に持ち込み、『レッドチーム』によるバラバラになったブルーチームの各個撃破を、舞台裏から支持・援助するというところでしょう。
  • posted by hanehan 
  • URL 
  • 2017.07/24 08:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 不思議に思うんですが 

ご指摘の通りだと思います。今回は、マスゴミとサヨク、官僚がタッグを組んで安倍さんの追い落としにかかっています。
連中にとって、安倍政権は余程都合が悪いのでしょう。でも、安倍さんが退いても自民党政権が倒れるわけで無し、
対外的にもいきなり大きく舵を切ることなんて不可能です。連中は、今回の攻勢で必ず勝利できると確信しているようですが、
もしも敗れた場合、国民からの信頼を一気に失うことになります。また造反に加担した官僚も、政府による人事権行使で中央から飛ばされる恐れもあります。安倍さん側に起死回生のカードがあるのか気になるところですが、それは、以外にも国外から訪れるのかも知れませんね!
  • posted by 管理者 
  • URL 
  • 2017.07/24 11:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

じゃまするよ。 

>少なくとも、現状の安倍批判が続けば、安倍さんは退陣に追い込まれるでしょう。

無いと思いますよ。
一昔前なら兎も角、今やネット時代ですよ。
森友や加計どころか支持率まで捏造ばればれだし、それを安倍首相が知らないわけがない。
何やら機が熟すのを待って、のらりくらりじゃないですかね。
  • posted by 通りすがりの二日酔い 
  • URL 
  • 2017.07/24 21:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: じゃまするよ。 

老人や40代以上の主婦など、まだまだテレビに洗脳される連中が大勢いますので要注意です。それから、公明党の動きも少し気になりますね。
  • posted by 管理者 
  • URL 
  • 2017.07/25 08:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム