Entries

民間企業が開発したロケット打ち上げ

ミサイル

あのホリエモンが設立したベンチャー企業が、民間初のロケットを打ち上げるらしい。
発射予定は昨日29日でしたが、機体トラブルや天候不順等で今日に延期・・・。
発射予定時刻は10時45分以降とか。

まあ、70数年前、コンピュータも精密な電子部品も無かった時代、ナチスドイツがV2号を開発しイギリス本土攻撃に使ったぐらいですから、
余程深刻な欠陥がない限り、発射は成功するでしょう。
100km上空まで上昇し、その後は滑空というか落下・・・。
飛距離50kmを予定しているとか。

問題は、機体の制御でしょうね。
予定通りのコースを飛行すれば問題ないですが、
プログラムミスとか機体制御関連のパーツの不具合もしくは故障で、
落下予定ポイントを外れると、海上でもやばいです。漁船とかに被害が出るかも・・・。
陸地なら深刻な被害が出る可能性があります。

万が一のための自爆装置は付いているのかな?
付いていても作動しなかったら終わりです。

さて、どうなることやら・・・

それか、
先日ICBMを打ち上げた北朝鮮が、
今回の日本の民間ロケット打ち上げを、
自衛隊による北朝鮮攻撃と勘違いして、
北海道にミサイル撃ってくるとか。

あり得ない話ですが、
誰かが、そんな絵を描いている可能性あるかも・・・。


毎日新聞より


・・・転載開始・・・



打ち上げ30日に延期 北海道、天候悪化で
https://mainichi.jp/articles/20170729/k00/00e/040/253000c

毎日新聞2017年7月29日 12時06分(最終更新 7月29日 12時43分)

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は29日、自社開発した小型ロケットの打ち上げに向け、同町の実験場で最終的な準備を進めたが、天候悪化を理由に30日に打ち上げを延期した。

 民間企業が単独で開発したロケットとしては日本初となる宇宙空間への到達を目指す。国の主導で進められてきた日本の宇宙開発に、民間が本格参入する試金石として成否が注目される。

 打ち上げるのは観測ロケットMOMO(モモ)。全長約10メートル、直径50センチ、重さ約1トンで液体燃料の1段式。発射から約4分後に高度100キロ以上に達し、約50キロ沖の太平洋上に着水する計画。(共同)




・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム