Entries

マリオが冒険の旅に出るか?

安倍マリオ

京都市の会合で、ジャーナリストの田原総一朗氏が安倍晋三首相に「政治生命を懸けた冒険」を提案したそうですが、
記事の文面を見るに、なかなか意味深な書き方ですね。

アベノミクスで日本経済を引っ張ってきた安倍首相ですが、円高もある程度解消され、株価平均も現在2万円ほど・・・。
各企業にも業績回復の兆しがみられ、就職戦線も活況を帯びています。

当然、安倍内閣支持率もついこの前まで高水準でしたが、モリカケ疑惑で急降下・・・。30%を切り、危険水域に突入しつつあります。

私自身、森友や加計学園問題、何が問題なのかよく分かりません。
それから、モリカケと並行して糾弾された陸自の日報問題ですが
休会中審査が行われたものの糾弾する野党側にもこれといって決め手となる資料もなく終了した感じです。
結論的には、これ以上新しい事実が出てこない限り、
「疑惑は疑惑のまま」
「疑惑を明らかにすることは出来なかった」
ではなく
一刻も早くこの件は終了し、優先される国政への取り組みに戻るべきです。
先日も北朝鮮は飛行距離1万キロメートル級のICBMを打ち上げましたが、
弾道ミサイルによる恫喝を止めない北朝鮮に日本はどう対峙するのか?
北を裏から援護している中国やロシアとどのように外交を勧めるか?
また、労働人口不足問題、低賃金問題、残業問題、ブラック企業問題、金の密輸入問題、少子化問題など、対策が急がれる問題がゴロゴロ横たわっています。

野党、メディアの魂胆としては、9条改正を目指す安倍首相を何としても引きずり下ろしたいのでしょうが、
朝日や東京新聞などは、明らかに世論を都合のいい方向に誘導していますね。
まあ、戦前も世論を誘導し、日米開戦に向かわせたのも朝日ですので、
基本的体質は昔も今も変わっていないということでしょうね。

さて、気になる田原総一朗氏の提案ですが、
外交関連なのか
内政関連なのか・・・。

「冒険」という表現から推測するなら、
通常では考えられないような中身なのでしょう。

外交面で考えられる冒険としては、
北朝鮮関連では(どれも、今となっては実行不可能ですが・・・)
① 安倍首相と金正恩第一書記との電撃会談
② 拉致被害者帰還措置
③ 日朝国交正常化
特に③はかなりハイレベルの交渉がなければ先ず無理。しかも、国交正常化を目指すのであれば、北を日米陣営に取り込むことが前提となるでしょうが、これは絶望的に実現不可。

ロシア関連では
① 北方領土問題解決
② 日露平和条約締結

韓国関連では、アメリカとの調整が不可欠ですが、
① 日本大使館閉鎖
② 対韓貿易凍結
③ 在日韓国人帰還措置
などでしょうが、これは、野党やメディアの反発が予想され難しいでしょうね。

内政面では、
①消費税5%に引き下げ
が最も効果的ですが、それに伴う財源不足をどう解決するか?
FRBを如何にして説得するか日本の格付けランクダウンをどう防ぐか?
うるさいIMFを如何にして黙らせるかでしょうね。消費税引き下げを仄めかせば、日本経済の評価は確実に下がりますんで・・・。
まあ、消費税をいじるなら
いっそのこと消費税を撤廃すれば?!
例の金塊密輸入も無くなり、輸出関連のキックバックも無くなり、国民の抱く不平等感も解消されると思う・・・。

あと、
歴史戦で、日本の汚名が返上され、名誉が回復するようなことにでもなれば、
韓国や中国の捏造や嘘が暴かれることになり、痛快な展開になると思いますが、
これは、戦後の極東軍事裁判の見直しやアメリカの対日史観の修正を必要とするので、まあ難しいでしょう。

内閣改造は8月2日以降か・・・
組閣が完了し、
そこで安倍内閣がどのような方針を打ち出すのか?
すでに安倍首相の頭の中にはビジョンがあるのでしょうが、
非常に興味がありますね!

とりあえず、この調子で支持率が下がり続ければ、
衆院解散総選挙となれば、自民は苦しい選挙戦になりますね。

ん?
石破氏を閣僚に入れるという懐柔策もありますね。
安倍さんとは反りが合わないようで、
しかも改憲慎重派です。
その石破さんを
防衛相とか・・・
でも
肝心の石破氏本人が首を縦に振るか・・・。





産経ニュースより


・・・転載開始・・・



「野党も反対しない」 田原総一朗氏、首相への「政治生命懸けた冒険」提案
http://www.sankei.com/politics/news/170730/plt1707300019-n1.html


2017.7.30 18:47


 ジャーナリストの田原総一朗氏は30日、安倍晋三首相に提案した「政治生命を懸けた冒険」に関し「恐らく民進党も共産党も自由党も反対ではない。できるかどうか分からないが、それをやって辞めてもいいという話をした」と京都市の会合で述べた。

 同時に「首相のためでも、もちろん自民党のためでもない。そのうち首相の行動を見て『こういうことだったんだ』と分かるだろう」とも語ったが、この日も詳しい中身は明かされなかった。

 田原氏はこれまで、首相が提案を前向きに受け止めたと説明。安倍内閣の支持率が急落している状況での「冒険」については、衆院の早期解散や新たな連立政権構想、政界再編などさまざまな臆測が飛び交っている。



・・・転載終了・・・



スポンサーサイト

Comment

冒険? 

コイン、キノコ(パワーup&1up)、武器、スター(無敵)……
力強くなってクッパ(誰?)と戦い、姫(誰?)を救え。
って事テスか?(;^_^A……
  • posted by カプリコ 
  • URL 
  • 2017.08/01 09:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 冒険? 

カプリコ様、お久し振りです。
そういう解釈も有りですね。
でも、欲張ると早々ゲームオーバーになるかもです(笑)
  • posted by 管理者 
  • URL 
  • 2017.08/01 09:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

安倍さんが辞めて誰得?? 

ほんと、日本人ってお調子者というか軽薄な人種に成り下がったものだと思いますw
要は、昼日中からTVをボーっと見ている年寄りが、マスゴミをはじめとするサヨクの『倒閣キャンペーン』に嵌められて、『空気が不支持だからオラも! ポチw』という調子で、水戸黄門の世直し旅みたいな気分でハブられた意趣返しで不支持に同調したんでしょうねw
民主党政権時、不景気で新卒者の就職氷河期かつブラック企業が猖獗を極めたことを一体どう思っているのでしょう。
民主党によって循環不全に陥った社会構造を、ここまで引き上げたのは安倍政権のなりふり構わぬ姿勢があったからこそではないのでしょうか?

ま~、『北朝鮮が理想国家』の者たちにすれば、「火のない処に放火」してでも安倍を引きづり降ろして、再び美味しい目を見たいと思っているだけです。
  • posted by hanehan 
  • URL 
  • 2017.08/01 09:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム