Entries

盗撮の起源も韓国と主張してね

韓国では当たり前

盗撮絡みの投稿が連続します。
今回は韓国。
韓国では
盗撮は
2006年に517件だったのが
昨年は5185件へと
この10年間で10倍以上増加したそうです。
また、盗撮の性暴力犯罪全体に占める割合は
2006年の3.6%から15年には24.9%へと急増しているのだとか・・・。

盗撮のターゲットは主に若い女性。
それから若いカップル

設置場所はホテルなどの宿泊施設
トイレ
更衣室
プール
オフィスのデスクの下
教室や講義室の教壇のすき間あるいは天井
コンセント
充電器
置き時計
ぬいぐるみ
電話機
インターホン
ガス検知器
火災報知器

また
監視カメラがそのまま盗撮用カメラだったとか、
ノートパソコンの内蔵カメラが盗撮カメラに早変わりとか・・・。

盗撮カメラというのは、固定されているものだけではありません。
胸ポケットに差し込む万年筆
ボタン
眼鏡
ライター
腕時計
指輪

サンダルなど

とにかく
近年カメラ小型化のスピードがもの凄くて、
基本何にでも装着できるというのが現状。

盗撮は日本を含め全世界的に増加傾向ですが、
こういった分野で天才的能力を発揮するのが韓国人。
要するに性衝動=モチベーション。
今日も股間を膨らませながら盗撮カメラの開発に勤しんでいるのでしょう。

こういった「盗撮」に関する記事がこのようにニュースで流れるということは、
大方の韓国人は、自国のホテルなど、ありとあらゆる場所には盗撮カメラが仕掛けられており、多くの男性は盗撮機器を所有していると認知しているのでしょう。
こりゃ〜安心してホテルにも泊まれないし、レジャー施設で更衣も出来ない、
トイレにも行けない、通りも歩けない・・・。

以上、韓国という国の「実態」ですが、
そんな国が、観光立国を目指しているとか(笑)
観光立国じゃなくて
姦交立国の間違いじゃねぇ?(笑)

この実態を知れば、韓国人は国内旅行を避けるでしょうし、
当然外国人も「盗撮されるリスク」を賭してまで韓国へ行きたいとは思わないでしょう。
最近海外からの旅行者が減っているなんて嘆いていますが、
それはTHAAD報復とか
北朝鮮の脅威とか
不衛生とか
料理が不味いとか
ぼったくりタクシーが多いとか
そんな理由じゃなくて、

「盗撮などの性犯罪が多いから」じゃないのかな?

最後に

「宿泊業者は、自主的に“盗撮カメラなし”という認証マークを付け始めた。宿泊仲介業者“yanolja”のチョン・ギョンミ・マネージャーは、盗撮カメラ探知機を使って独自に調査した後、設置されていないことが分かったモーテルには認証マークを付けている。」
とのことですが、

全く信用ならないですね。

① 調査されるときは盗撮カメラを外す
② 賄賂を贈って認証マークをもらう

まったくの「ザル」です。

韓国人なんて、国家間の約束事も守らないのですから、
法律は勿論のこと
民間レベルでの契約とか
個人間の約束とか
守るはず無いですね。
基本「嘘つき」の民族ですから。




朝鮮日報より


・・・転載開始・・・


夏休みの韓国旅行、盗撮カメラ探知機を忘れずに!?
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/04/2017080401538.html



記事入力 : 2017/08/06 06:09


夏休みの韓国旅行、盗撮カメラ探知機を忘れずに!?
 先月初め、夏休みで済州島に行った女性会社員キムさん(28)は4泊5日間にわたり「盗撮の恐怖」にさいなまれた。旅行初日、宿泊施設の天井に設置された火災警報器が目に入ったのが恐怖の始まりだった。「火災警報器に偽装した盗撮カメラがある」という話を思い出した。そこで、自ら警報器の中を開けて調べてみた。カメラはなかったが、不安は消えなかった。「盗撮探知器」という有料アプリをダウンロードし、宿泊施設はもちろん、公衆トイレまでくまなく調べた。このアプリは「レンズに反射する光を探知して盗撮カメラを見つけ出すことができる」と宣伝している。

 女性が盗撮の恐怖にさいなまれるのには根拠がある。盗撮は2006年の517件から昨年は5185件へとこの10年間で10倍以上増加した。盗撮(隠しカメラなどを利用した撮影)が性暴力犯罪全体に占める割合は2006年の3.6%から15年には24.9%へと急増している。

 友達と来月旅行を予定しているキム・ジヨンさん(32)=女性、ソウル市蘆原区=は携帯用の盗撮カメラ探知機を購入した。20万ウォン(約2万円)台とかなり高かったが、友達3人とお金を出し合った。これは盗撮カメラが出す周波数を探知する装置だ。セキュリティー関連企業のオート情報通信では「携帯用盗撮カメラ探知機の販売台数は昨年に比べ30%以上増えた」と話す。

 探知器を買う余裕がない人は、インターネットのショッピング・サイトで多種多様な盗撮カメラを見て覚える。最近の盗撮カメラは水筒・ライター・キーホルダー型などいろいろある。夏休みを控えている女性の間では「宿泊施設に入ったらまず電気を消して、携帯電話のカメラを通してみると、盗撮カメラを発見できる」など、根拠がない探知方法のうわさも飛び交っている。

 盗撮の恐怖を訴える人が増えていることから宿泊業者は、自主的に「盗撮カメラなし」という認証マークを付け始めた。宿泊仲介業者「yanolja」のチョン・ギョンミ・マネージャーは「盗撮カメラ探知機を使って独自に調査した後、設置されていないことが分かったモーテルには認証マークを付けている。今年の夏のからはいくつかの宿泊業者を選定して盗撮カメラ探知機を贈る予定だ」と語った。

ソン・ユジン記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム