Entries

北朝鮮より、モンスター化する中国の方が問題じゃねぇ?

金正恩

19号

先日、アメリカ主導の北朝鮮経済制裁決議案が可決されました。北朝鮮への石油供給停止は見送られたものの、北朝鮮の外貨稼ぎ頭である石炭、鉱物資源などの輸出は不可能にするもので、年間3000億円の収入のうち、その1/3が消える計算になります。

北朝鮮って、島根県ぐらいの経済規模なので、この制裁は相当な打撃になる???

今回の決議案には、中国とロシアも賛成したということで、一応安保理で足並みが揃ったということか・・・。

個人的には、中露の賛同は、
「この程度の制裁なら北朝鮮も平気だし、自国にも悪影響はない」
との判断から来たのでしょう。

なぜって、石油と金融を除外した制裁で北朝鮮を追い詰めることは出来ないからです。

仮に世界金融から北朝鮮を切り離しても、タックス何とかやら、地下銀行とか、
何でも有りの世界なので、今回の制裁で北朝鮮はビクともしないでしょうね。
むしろ、恨みを蓄積する方向に向かうと思います。

世間では、
北朝鮮は既に小型核弾頭の開発に成功している
とか
すでに核ミサイル数十基を保有している
とか
SLBMにも搭載済み
とか
やたらと北朝鮮危機を煽る「・・・ではないか?」記事が目に付きます。

また、メディアも、北朝鮮の挑発発言をそのまま掲載し、
アメリカと北朝鮮の対立を煽っています。

まあ、これは予測された事態ですね。
日清戦争後の三国干渉の時も、日本の新聞社は騒ぎ立てましたし、
太平洋戦争へ突入する過程においても、朝日などは国民を煽動しました。
今も昔もメディアは変わらないということです。

さて、アメリカですが、過激さを強める北朝鮮の挑発と恫喝に対し、同等以上の殺し文句で対応しています。
でも
アメリカは口喧嘩からいきなり武力行使には移行しないでしょうね。
何らかの口実が無い限り、議会も承認しないし、国民も納得しませんので、先制攻撃は「たぶん」しません。

ただ、武力行使容認に至る手順は着実に踏んでいます。

①過去からの、北朝鮮を巡る国際協議、提案、譲歩・・・それから警告。
②北朝鮮で拘束されたアメリカ人学生の死
③北朝鮮経済制裁

あとは、「何か」が起これば動くのでしょう・・・アメリカ軍は。

でも、仮に、北朝鮮が何らかの武力行使に出て、アメリカ軍が軍事行動に出て、
数千発の巡航ミサイルなどを雨あられと北朝鮮に撃ち込むとすれば、
中国とロシアはそれを黙って見ているかな?
このあたりは非常にグレーです。

北朝鮮(と韓国)という獲物の分配を前提に、アメリカは中露を懐柔し、同じ側に付かせるのか?

または、北朝鮮を背後から操る中露という国家像を鮮明にし、対中露戦争へとシフトするのか?

いや、ロシアとは裏協定を結び、北朝鮮・中国という悪の枢軸をクローズアップしつつ、
対中国制裁に移行していくのか?

それにしても、もし朝鮮半島で有事が勃発すれば、難民がどっと日本へ押し寄せてくるでしょう。前の朝鮮戦争では、400万人もの犠牲者が出ていますし、
李承晩は、共産主義思想と疑われる自国民を数十万虐殺しています。
漢江の橋も爆破し、ソウル市民を見捨てました。
韓国人がアホじゃなくて、過去のこのような悲惨な状況を覚えているなら、
世情がきな臭くなるや、船に乗り込み、国外脱出を図るでしょう。

となると、日本には、500万〜1000万の難民が押し寄せるかもしれませんね。
どうしましょう?

こういった事態は容易に予測できるので、戦端を開くにしても、アメリカとしては、その対策も考えておく必要があると思うのですが、多分何も考えていませんね。

私としては、中国には朝鮮有事不介入を宣言して貰い、
朝鮮半島の海上封鎖をしてもらいたいものです。
まあ、基本、難民を回収して中国に移動・・・。
怖〜いオプションもあるでしょうが・・・。

さて、8月21日からウルチフリーダムガーディアンが開始されるそうで、毎年北朝鮮は同演習に強く反発してきました。
過去にはいろいろあったようです。
経済制裁が発動され、国際社会から孤立しつつある北朝鮮は極度の緊張状態にあると見ていいのでしょうが、在韓米軍基地に一発見舞うとか、
米軍機か韓国機に無警告で攻撃を仕掛けるとか、
そういった事態が生ずれば、
後戻りの出来ない一本道を突き進むことになりそうです。

カリアゲ君はそこまで覚悟しているか?
ん〜
彼は、見た目も「デブ」で態度も「でかい」ですが、
頭脳的にはクールだと思います。
アメリカをしきりに挑発していますが、
アメリカの挑発に乗ることは無いと思います。

最後に、今秋第19回中国共産党党大会が北京で開かれますが、これがひとつのポイントとなりそうです。次期指導者を選ぶ大会ですが、たぶん引き続き習近平なんでしょう。躍進する中国経済と強大化する人民解放軍・・・
これを背景に更なる大国アピールに進むと思われますが、
アメリカとしては、
どちらかといえば、
北朝鮮はその気になれば「すぐに潰せる存在」
しかし中国はこのまま放っておくとアメリカの脅威になりますので
「近々潰さなければならない存在」でしょうね。

国共産党党大会で習近平が最高指導者として再選される。
その後、北朝鮮核開発と中国の関連が明らかとなり、アメリカは強力な経済制裁(金融制裁を含む)を発動し、習近平のメンツ丸潰れ。
アメリカvs北朝鮮の対立構図はアメリカvs中国の対立構図にスライドする?
かもしれませんね。



中央日報より


・・・転載開始・・・



韓半島「8月危機説」…米原子力空母2隻同時派遣か
http://japanese.joins.com/article/964/231964.html?servcode=A00§code=A00

2017年08月03日08時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] comment16 sharemixi
韓米軍当局が今月中旬に米国の原子力空母2隻を韓半島(朝鮮半島)近隣海域に展開することを検討中だと、軍消息筋が2日伝えた。

軍消息筋は「大陸間弾道ミサイル(ICBM)級『火星14』発射に続き、北の追加挑発の可能性が高まっている中、これを抑止する武力示威レベルで21日の乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン(UFG)演習前に空母2隻を展開することを米国側と議論している」と述べた。続いて「平時に空母2隻が同時展開することは多くない」と話した。UFGは毎年秋に韓国政府と韓米軍当局が参加する官・民・軍訓練。北朝鮮の6回目の核実験など韓半島危機説が浮上していた5月31日にも韓半島近隣海域で「カール・ビンソン」(CVN-70)と「ロナルド・レーガン」(CVN-78)が合同訓練を行っている。

米海軍は今年、「ニミッツ」(CVN-68)、「カール・ビンソン」、「ロナルド・レーガン」の空母3隻を有事の際に韓半島に投入する戦力に指定した。現在「ニミッツ」はペルシア湾に配備され、「ロナルド・レーガン」は豪州で豪州海軍と連合訓練を終えて北上中だ。今年韓国を2回訪問した「カール・ビンソン」は母港の米サンディエゴにある。現在としては「ニミッツ」と「ロナルド・レーガン」の展開が有力だ。

「ロナルド・レーガン」は横須賀を母港とする。全長333メートル、排水量10万2000トンの大型空母だ。サッカー場3面分に相当する広さ1800平方メートルの甲板に航空機約80機を搭載している。中小国の空軍力に匹敵する規模であり、「海に浮かぶ軍事基地」と呼ばれる。このような空母2隻が集まれば、イージス巡洋・駆逐艦10隻以上、原子力潜水艦3隻以上と同行しながら戦闘機160機以上とトマホーク巡航ミサイル100発以上の戦力を保有することになる。

また米太平洋司令部はウィスコンシン州防衛空軍所属176戦闘飛行隊が近く韓国で4カ月間の循環勤務に入ると明らかにした。この飛行隊は地上軍に対する火力支援(CAS)専門だ。米空軍は先月、カリフォルニア州でB-52H戦略爆撃機を動員し、ビラ爆弾投下訓練を実施した。ビラ爆弾の内部には6万枚の心理戦用ビラが入る。当時、北朝鮮を対象にした訓練という見方があった。

米軍の動きが活発になり、韓半島8月危機説が浮上している。北朝鮮は4月の米中首脳会談(6-7日、現地時間)前後と20日に核実験を敢行しようとしたが、中国の引き止めで実施されなかった。しかし4月危機説の原因である核実験より8月危機説を招いたICBMを米国はより深刻に受け止めているという意見もある。シン・ウォンシク元合同参謀本部次長は「核実験は米国にとって対岸の火事かもしれないが、米本土を打撃できるICBMは重大な脅威」と話した。

これに関し金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官はこの日、「4月危機説のように8月危機説は微弱だというのが政府の立場」と述べ、鎮火に動いた。シン元次長も「米国が北に対する軍事的行動をとるには、まず韓半島に相当な戦力を移さなければいけないが、まだそのような姿は見られない」と述べた。

◆李恵薫代表、国防部からTHAAD報告受ける

李恵薫(イ・へフン)正しい政党代表は2日、「在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)が、小規模環境影響評価が終わる8月中旬に配備される可能性があるという報告を(国防部から)受けた」と明らかにした。

政府は当初、すでに配備したレーダー1基と発射台2基のほか、追加の発射台4基は一般環境影響評価後に配備する予定だった。しかし先月28日の北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星14」発射直後、臨時配備することを決めた。

一方、青瓦台(チョンワデ、大統領府)はこの日、社会革新首席室所属の行政官2人をTHAAD配備場所の慶尚北道星州(ソンジュ)に送り、反対する住民に対する説得を始めた。主務部処の国防部だけに任せず、青瓦台が葛藤の調整に動き出したのだ。





・・・転載終了・・・


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム