FC2ブログ

Entries

漢字を捨ててバカになったのでは?

ば韓国

中高生、それに大学生の学力低下はどこの国でも問題化しています。
日本も例外ではありません。

大学生でも、アルファベットをまともに書けない奴とか、簡単な分数の計算が出来ない奴もいる。
第二次世界大戦における連合国と枢軸国の国家名がさっぱり出てこない奴もいる。当然、漢字もろくに書けない。

一方、飛びきって優秀な奴もいます。

韓国では、全般的に児童生徒、学生の学習意欲というか知的探究心が弱まっているようです。
理由は色々考えられますが、
まず韓国社会というのは非常に激しい競争社会です。
幼少の頃から勝敗によって振り分けられ、
進学する学校によって、自分の将来がほぼ決定します。
勝ち組は財閥系企業に就職。あるいは国家公務員など。
負け組は唐揚げショップかコンビニ、犬肉料理店とか(笑)

韓国には「老舗」というものがありません。
日本の場合、江戸時代から続く料理店とか和菓子屋、陶磁器製造、その他、
多くの分野で開業100年を超える店舗や旅館、工房、会社がありますが、
韓国にはありません。まあ、たかが70年の歴史しかないので仕方ありませんが・・・。
韓国では焼き肉店を多く見かけますが、彼らに言わせれば、飲食店関連業務というのは「卑しい」職業だそうで、
子どもは家業を継ぎたがらないし、親も子どもに継がせたいとは思っていません。
なので、日本に日本料理の老舗があることを不思議に思うそうです。
落ちぶれて飲食店を営まざるを得なくなった韓国人は、家業で金を貯め、子どもの教育に投資するそうです。自分は落ちぶれたが、子どもには立派になってほしい、という考えです。

子どもには立派な教育を!というのは日本を始め他国にもありますが、
そこに至る部分で、韓国はその他の国々とは少し違うようです。

まあ、そんなことで、韓国では教育が盛んになり、予備校、模試など受験産業も日本並みに増えました。景気のいい時代では人生山あり谷ありで、一旦転落してものし上がって行くことも夢ではありませんでしたが、
最近の韓国はどうでしょう?
競争社会に疲れたのか、
社会階層が固定化されてしまったのか、
教育に回す金が底を突いたのか、
あるいは、組合に守られた教師が怠慢な教育をしているのか?
学問への関心とか知的好奇心、向上心などが低下しつつあるようです。

諦観か?

競争で勝てないと悟った人間は離脱していきますが、韓国ではその数が半端じゃないですね。落伍者が増えれば増えるほど競争力は弱まるものです。
自分が安全圏に到達したと実感すればそれ以上の努力はしません。
「無駄」で「意味がない」からです。
彼らは、他人を蹴落とすために勉学に励みます。学問に対する純粋な思いなんてこれっぽちもありません。

今までなら、日本に追いつけ!追い越せ!とか
より豊かな生活を!とか
一流企業で高給を!など
自身を叱咤激励することで何とかなりましたが、
もうそんないい時代は過ぎ去ったようです。

企業のトップ、財閥、政府高官、高位の教育者など・・・
その地位に一旦安住してしまえば、その地位を狙うものの排斥に力を注ぐようになります。

現代の韓国を取り巻く「病」はそのあたりに関係しているのかもしれません。
まあ、状況的には、権力闘争に明け暮れる李氏朝鮮時代に戻りつつあるというか、事大主義に逆行しつつあるというか、最近の韓国を見るとそのように感じます。


朝鮮日報より


・・・転載開始・・・


韓国の教師給与はOECD最高水準、中高生の基礎学力は低下
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/12/2018091201185.html


2018年OECD教育指標の分析

記事入力 : 2018/09/12 11:12

 少子化の影響で教師1人当たりの児童・生徒数がますます減っている中、教師の給与は経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均を大きく上回るなど、韓国の公教育環境が年々改善されていることが分かった。しかし、公教育を信じることができずに塾通いする児童・生徒はむしろ増え、その基礎学力は低下するなど、教育競争力は悪化しているとの指摘もある。

 OECDが11日(現地時間)に加盟国35カ国と非加盟国11カ国、計46カ国を対象に調査・発表した「2018年OECD教育指標」によると、16年現在の韓国の教師1人当たりにおける児童・生徒数は小学校16.5人、中学校14.7人、高校13.8人で、前年比でそれぞれ0.3人、1人、0.3人減少したという。1クラス当たりの児童・生徒数も小学校23.2人、中学校28.4人で、前年よりどちらも減少した。依然としてOECD平均を上回ってはいるものの、児童・生徒数は急減しており、近くOECD平均を下回るものと見られている。

 小中高教師の待遇もOECD最高水準だった。 2017年現在、韓国で教師歴15年目の場合の給与(年額)は、小学校5万3405ドル(約596万円)、中学校5万3465ドル(約596万円)、高校5万2747ドル(約588万円)で、OECD平均より少ない場合は4050ドル(約45万円)少なく、多い場合は8381ドル(約93万円)多かった。直近の調査に比べ給与がどれだけ上がったかを調べた上昇推移でも、韓国の教師の給与上昇分はすべての学校給与でOECD平均よりも多いことが分かった。

 このように、表面上は教育環境が大きく改善されているように見えるが、教育需要者である保護者や児童・生徒が肌で感じる公教育の競争力はますます低下していると指摘されている。中学3年生と高校2年生を対象とした国家水準学業達成度評価では「基礎学力が不十分な生徒」が2012年の2.6%から16年には4.1%まで増え、昨年の生徒1人当たりの私教育費は07年以降で過去最高を記録した。

パク・セミ記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム