FC2ブログ

Entries

裏切り嘘つきは韓国の十八番

亀甲船

ちょっと古いニュースですが、先日終了した済州での国際観艦式・・・。
軍艦旗(旭日旗)を降ろして欲しいという韓国側の要求を受け容れられず、海上自衛隊は参加を見合わせました。
軍艦旗を掲揚せず、「国旗と太極旗を掲揚して欲しい」と参加国に要請したようですが、結果的には殆どの国がその要請を無視したようです。
また、韓国海軍は、参加国には「国旗と太極旗を掲揚して欲しい」と要請しておきながら、自国旗艦には朝鮮時代の水軍隊長旗だった「帥子旗」(李舜臣を象徴する旗)を掲揚していました。
この件に関し、日本側は抗議しましたが、韓国側の答えは・・・
「日本の海軍旗(旭日旗)は戦犯旗、「帥子旗」は祖国を守った英雄旗」
「日本が戦犯旗を掲げることは非難されるべきだが、英雄旗を掲揚することに何の問題も無い」
「日本は戦犯旗と英雄旗の区別もつかないのか!」
とし、
自国海軍の行為を正当化しました。

これが韓国人の思考回路です。

ん?李舜臣って、そんなに優秀な指揮官だったの???
秀吉軍が明国征伐のため朝鮮半島に兵を送ったのは事実です。
当時明国と李氏朝鮮は冊封関係にあり、まあ、簡単に言えば、李氏朝鮮は明国の属国だったと・・・。
秀吉軍は李氏朝鮮軍と戦ったのではなく、明国の属国の兵士および明国の正規軍と戦ったわけです。
で、李舜臣が日本軍に大勝したとされる「玉浦海戦」ですが、韓国側の資料によると300隻を上回る日本軍に対し、たったの13隻で攻撃を仕掛け、日本軍を撃破したとなっていますが、
実際は日本軍30隻ほど・・・。
日本軍は圧倒的に強かったため、李舜臣の作戦は奇襲(夜襲)でした。
日本軍を急襲し、サッと逃げる戦法ですね!戦い続けると自軍が全滅しますので。(笑)
海戦と言うよりは、海上の小競り合いといったところでしょう。李舜臣の
攻撃によって日本軍の圧倒的優位が崩れたわけで無し、九州から朝鮮半島への兵員や物資の輸送が滞った訳でなし・・・。

その後李舜臣は冷や飯を食わされ、最後は露梁海戦で戦死ですね!
露梁海戦とは、慶長の役における最後の大規模海戦。本国からの撤退命令(秀吉の死による)を受け、無血撤退の双方合意を取り付けた上で撤退しようとした日本水軍に対し、約束を違えて攻撃を加えようとした明・朝鮮水軍との海戦です。

まあ、この時代でも既に中国人・朝鮮人は合意を守らないと・・・(笑)

この明・朝鮮の卑怯極まりない海戦で、先陣を切って敵軍に突入した島津の水軍には大きな犠牲が出ましたが、結果的には豊臣軍には指揮官級の戦死者は出ず。水軍は無事本国撤退完了。対する明・朝鮮軍は多くの指揮官を失いました。

で、韓国人は李舜臣を英雄だと言いますが、
① 姑息な夜襲を仕掛けた
② 強襲したのち急いで逃走
③ 身分を一兵卒にまで落とされる
④ 無血撤退の双方合意を破り日本水軍を待ち伏せ攻撃
⑤ あっけない戦死
のどこが「英雄」なんでしょう?!(笑)

歴史を知らないって、本当に可哀想・・・

ついでに書くなら、韓国自慢の亀甲船・・・
船の上部を鉄板で覆い多くの槍を装着、船首船尾に大砲2門、6個の銃口?
この時点で重量オーバー。漕いでも進まないし、下手すると沈没。
とりあえず建造ははしたが、使いものにならなかったのでは(笑)
当然、日本水軍との戦闘にも投入されていないと考えるのが普通です。
そもそも、韓国が過去の資料に基づき亀甲船を建造したが、まるでダメでしたね(笑)

さて、
観艦式前、韓国海軍は「日本の海軍旗(旭日旗)は戦犯旗、「帥子旗」は祖国を守った英雄旗」だなんて一言も言わなかった。
ところが蓋を開けると「帥子旗」をちゃっかり掲げている。

過去2回の観艦式では海上自衛隊の海軍旗や韓国の「帥子旗」なんてニュースに上がっていませんでしたので、やはり今回、文政権下で行われた観艦式は、
ある意味、
日本を軽視
日本を侮辱
日本を挑発する狙いがあるのでしょう。

ふう〜ん・・・
韓国の北朝鮮親和政策に日本はそんなに邪魔ということか???


朝鮮日報より


・・・転載開始・・・


李舜臣旗掲揚、自ら通達破った韓国に日本政府が抗議
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/13/2018101300367.html


記事入力 : 2018/10/13 08:33


 11日に済州島で行われた「2018大韓民国海軍国際観艦式」の海上査閲で、一部参加国の艦船が太極旗(韓国国旗)と自国国旗以外の旗を掲揚したことを日本政府が指摘し、韓国政府に遺憾の意を表した。

 先の「旭日旗」掲揚問題で、日本は国際観艦式に参加しない意向を明らかにしていた。旭日旗は日本の帝国主義時代に日本軍が使っていた旗で、韓国などアジア諸国では侵略戦争と軍国主義の象徴と考えられている。日本の海上自衛隊は1954年の発足当時から自衛艦旗に旭日旗を採用している。

 日本の公共放送NHKなどが12日に報じたところによると、岩屋毅防衛相は同日、閣議の後の記者会見で、オーストラリア・ブルネイ・カナダ・インド・ロシア・シンガポール・タイの7カ国の海軍艦が、韓国海軍が通知したのとは違い、太極旗と自国国旗のほか、海軍旗や軍艦旗を掲げていたとして、「結果として韓国の通達は必ずしも守られていなかった」と指摘した。

 しかし、岩屋防衛相は「(今回の状況について)韓国当局も考えることもあるだろうし、今後、韓国側と話し合っていきたい」「朝鮮半島情勢を考えると、日韓の連携は非常に重要だ。今回のことは非常に残念だが、それを乗り越え、さらに韓国との防衛交流、安全保障交流を進めたい」と述べ、防衛協力を通じて両国関係に影響を及ぼさないよう努める考えを強調したという。

 観艦式で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が乗船した揚陸艦「日出峰」に朝鮮時代の水軍隊長旗だった「帥子旗」が掲揚されたことについても、日本の外務省は同日、駐日韓国大使館と韓国外交部(省に相当)に抗議した。韓国は参加各国の艦船に対して自国国旗と太極旗のみ掲揚するよう要請したのにもかかわらず、自ら矛盾する対応を取ったということだ。帥子旗は壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で三道水軍統制使だった李舜臣(イ・スンシン)将軍の船にも掲げられていたと言われている。

パク・スヒョン記者

チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版



・・・転載終了・・・




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム