Entries

もうすぐ中国の大崩壊が始まる

太陽電池は駄目ですか・・・
安い人件費にものを言わせて
格安太陽電池を大量生産した中国メーカーも、
需要減少には勝てなかったみたいですね。

そもそも太陽電池はコストが高くつき
採算がとれない代物です。
しかも、曇りや雨ならば変換率も激減・・・
使い物になりません。

仮に、どこかの火山が大爆発を起こして、噴煙が全世界の空を覆ってしまえば
発電出来ませんね・・・。

となると、
次は風力発電か・・・。
しかし、これも、
プロペラが回るときに出る低周波が問題化しています。
バードストライクなど、自然破壊の恐れもあります。
耐久性にも問題があり、
大型台風レベルの風を受けると
倒壊の恐れもあります。
特に、
中国・韓国が建設した風力発電塔なんて
全く信用できません。

残るは、地熱発電と海岸などの波を利用した発電。
日本は火山が多く、地熱は期待できますが、
温泉枯れなどが心配され、
旅館などが猛反発しています。

波の力を利用した発電は、まだ実用化にはほど遠い・・・

原発は事故ったときがやばいです。
また、使用済み核燃料の保管場所がもう無い・・・
保管場所を探すだけで数百億の金が消えていっています。

やっぱり、シェールガスか・・・

あるいは、
メタンハイドレート

メタンハイドレートは日本近海に、大量に眠っているそうですが、
採算の取れる採掘法が、まだ構築されていません。

まあ
そういうことで
八方塞がり的な状況ですが、

とりあえず、
今回の、中国メーカーの太陽電池危機・・・
在庫が売れなかったら、
近いうちに倒産・・・
関連中小企業も倒産・・・
日本メーカーも関わっているとすれば、
日本にも激震が走ることになります。

世界的に
消費や
設備投資が落ち込んでおり
毎年のプラス成長で好景気を演出していた中国も
これから、グラフが右下にほぼ直角に折れる恐れがあります。

反日でヤイヤイ吠えている「韓国」も
自国の危機に備えなければならないでしょう。
すり寄ろうとしている中国がこの有様では、
はっきり言って、
竹島
慰安婦どころではありません。

金融危機で大混乱に陥っても
竹島は日本海に浮かんでおり
60数名の元慰安婦は生きていると思いますが、
肝心の国家が崩壊してしまいますね。
国家が無くなれば、
竹島死守とか
慰安婦問題賠償とか・・・
無意味になります。

韓国政府は、そういったことも念頭に置いて
日本と交渉しなければなりません。

今のような高飛車な態度は
自分で自分の首を絞めるようなものです。




日本経済新聞より

・・・転載開始・・・


太陽電池、供給過剰で中国大手3社赤字 4~6月  

2012/09/03

 【上海=菅原透】急成長を遂げてきた中国の太陽電池業界の経営環境が厳しさを増している。大手の英利緑色能源(インリーグリーンエナジー)など大手3社が発表した4~6月期決算は全社が赤字。暫定値を公表した尚徳電力(サンテックパワー)も売上高が4割減った。供給過剰は深刻で、太陽電池各社は正念場を迎えている。
 インリーの4~6月期決算は売上高が前年同期に比べて3割近く減った。太陽電池パネルを組み立てたモジュ…


・・・転載終了・・・





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

ホネホネ・クロック

プロフィール

まゆねこ

Author:まゆねこ
張りぼて大国中華人民共和国、日本の劣化コピー大韓民国、謎の金王朝朝鮮民主主義人民共和国、永遠の天敵ロシア、恫喝国家アメリカ合衆国。これら、ならず者国家に囲まれた日本は生き延びることが出来るのか?

最新記事

最新コメント

カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム